社長メッセージ

 

ロイドでの仕事に興味を持って頂きありがとうございます。

どんな人材を募集しているか、の前に少し私の話と会社の紹介、そして求めている人物像の話をしようと思います。

ありがたいことに当社は求人を出せば結構人が来てくれるんです。

けど、会ってみて「違うな」と感じる人も多い。

だから、ちょっと長くなるけど、これを読んで「合わないな」と感じたら、ご縁がなかったということで。

お互いが求めている会社、求めている人材でなければ、お互い時間の無駄ですから。

 

人生の中で「仕事をしている時間」ってどれくらいか考えたことがありますか?

1日8時間働いたとして、週に5日で40時間。

1ヶ月は約4週なので、×4して1ヶ月160時間。

で1年は12ヶ月だから1920時間。

大卒で22歳から働いて、今は定年退職が一番早いところで60歳。

つまり一生で38年働くわけです。

1920時間×38年だから・・・72960時間か。

一生のうち、7万時間以上を仕事に費やすわけです。

何が言いたいかというと、人生で働いている時間って結構長いんですよね。

一度きりの人生で、そんなに長い時間を費やす仕事。

嫌々働くのって辛くないですか?そんなの楽しくないですよね?

仕事は楽しい方が良いんですよ、という話。

 

じゃ「どうやったら仕事を楽しめるか」という話になるんですが。

多くの人、というはほとんどの人が仕事って「やらされてる」って思ってますよね。

だから「辛い」ってなるんですよ。

小学校の時って授業はつまらなかったですよね?(私だけ?)

授業は「やらなければいけない」「やらされていること」だったから。

けど、遊ぶのは時間を忘れるほど楽しかった。

汗かいてても拭きもせず、夢中で笑顔で走り回ってましたよね。

それは「自ら率先してやってた」からだと思うんです。

つまり「人に言われたことを黙々とする仕事」は面白くないし楽しくない。

 

けど、仕事を楽しんでる人、つまり「自分で考えたり」「工夫ができる」人は面白みも感じるし達成感も感じる。

だから仕事を楽しめる人って人生において「かなり得」だと思うんですよね。

「生活のため」「家族のため」

仕事をする理由っていろいろあると思うんです。

けど、どんな理由であろうと働かなければいけないわけですよ。

国民の三大義務のひとつですから。

どうせなら「やらされ仕事」より、仕事を楽しみませんか?

 

私はバスケをしてたので、バスケで例えているんですが、バスケには3Pシュートっていうのがあるんですね。

リングから近いところからシュートしたら2点なんですけど、リングから遠いところからシュートを決めたら3点なんです。

最初の頃って、まずリングに届かないんですよ。

で、最初は届くところから練習して、それを繰り返すことでリングに届くようになる。

リングに届くようになれば、リングに入れたくなるからさらに練習する。

シュートが入るようになったら、今度は入る確率を上げたくなって、さらに練習する。

それが試合なんかで3Pシュートを決めたら、めちゃくちゃ嬉しいわけです。

何が言いたいかというと、楽しくなったりするのって頑張って練習したからなんですよね。

誰も最初からうまくいかない。

だから、汗かいて練習する。

頑張って練習した結果、楽しい。

これって仕事も一緒だよね、と思ってて、仕事も最初はうまくいかない。

自慢じゃないけど、私は社会人になって営業の仕事をしてたんですけど、全然ダメ営業マンでした。

だから最初は、仕事が嫌でね。楽しくないし。

けど、なんだか悔しいから営業成績の良い先輩に教えてもらったり、真似してみたり、自分で「なんでダメなんだろう?」って考えるようになって。

そして自分なりに考えて工夫したら、だんだん営業成績が上がっていって。

仕事が獲れるようになると、やっぱり楽しくなるわけです。すると、ここで「突き抜けた感」があります。

だから、さらに頑張るし、考えるし、もっと成績を上げたい!って楽しくなって、気分も上がる。

気がつけば、嫌だった仕事が楽しくなって夢中になってたんですよね。

これはね、きっと実体験した人にか分からない感覚なんだろうと思うんです。

 

「仕事が楽しくない」「仕事がつまんない」

そういう人は、意識の問題だと思うんです。

どんな仕事でも、自分で目標をつくって、その目標に向かって仕事をしてみるとか。

今やっている仕事をより効率的に、早くする方法はないかな?って考えてみてり。

ちょっと意識を変えるだけで仕事はそれなりに楽しめるもんじゃないかなと思います。

 

だから仕事って「楽しむ」のは、練習と小さな成功の積み重ね、そして自分次第なんだと思うんです。

決して「楽」ではないけど、夢中になれたら楽しめる。楽しめたら良い結果が出るっていう好循環が生まれます。

ぜひ、ロイドで仕事を楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

ロイドはこんな会社です

 

1)残業は禁止です(本当です)

就業時間は9時から18時。休憩は1時間がありますが、昼休憩以外に自分のタイミングで休憩しています。

残業は基本的に認めていません。

仕事は決められた時間の中で、しっかり終わらせてください。

就業時間内に仕事が終わらせれないのは、決して良いことではありません。

社内ではよく「効率化」という言葉がでます。

効率よく仕事をして、決められた時間の中で、より質の良い仕事をしてください。

「残業代を稼ぐ」なんて無能なことをしたい人は向いていません。

 

2)年功序列禁止です(本当です)

完全実力主義です。

能力のある人は、すぐに昇進します。事実、入社数ヶ月の従業員でもチーフになっています。

いくら年齢が上でも、年上としては敬う礼儀はありますが、仕事とは完全に分けて考えています。

この年齢だから、これくらいの給与が欲しい、というのは一切通用しません。

 

3)昇給、昇進は随時行います(本当です)

年功序列禁止でも書きましたが、事実、入社数ヶ月でも昇進させます。

入社時の給料が、翌年には年間20万円〜60万円上がることも、何人もいます。

会社に貢献すれば、昇給や昇進などですぐに待遇に反映させます。

勤続年数が増えれば給料が上がる仕組みは一切ありません。

 

4)勉強費用は会社が負担します(本当です)

知識向上のためにセミナーに行きたい。このビジネス書を読みたい。この技術本が欲しい。

全て費用は会社が負担します。

ただし、しっかりアウトプットしてもらいます。

 

5)お菓子食べ放題です(本当です)

会社にある「お菓子ボックス」の中にあるお菓子は食べ放題です。

しかも買うお菓子も要望できます。

休憩時間にお菓子ボックスからお菓子を取って、休憩ブースでリフレッシュすることができます。

気分を切り替えて、効率よく仕事をしてください。

ダイエット中の人には誘惑かもしれません。

 

6)信賞必罰です

ロイドは信賞必罰。

会社と従業員の間には契約書が存在します。

会社は従業員の労働力に対して、給与をお支払いしていています。

会社に貢献する人には、たくさんのチャンスやリターンを与えます。

逆に、会社に貢献できない人には、チャンスもリターンもありません。

また、キツい言い方になりますが、会社にとって必要がないと判断すれば退職を促す場合もあります。

就職することがゴールだと思っている方には向いていない会社です。

 

求める人物像

 

1)挨拶のできる人

自ら率先して挨拶のできる人を求めています。

コミュニケーションはどの職種であろうと必須スキルです。

挨拶もできない人は必要としていません。

 

2)思いやりのある人

相手の気持ちを分かろうと努力できる人。

自分がされて嫌なことを相手にしない人。

自分がされて嬉しいことを相手にしてあげることができる人。

自己中心的な人は、会社というチームには向いていません。

 

3)想像し創造できる人

自分が行っている仕事が、誰の役に立っているのか、どのように社会に影響を与えているのかを想像できる人。

より良い仕事をするために、自分が何をすべきか創造できる人。

 

4)売上に貢献できる人

売上を上げるということは、お客様に求められているということです。

お客様に求められ、必要とされていることを自覚できる人。

どんな職種であろうと、売上に対して無責任な人はロイドには必要ありません。

 

5)責任を持って仕事に取り組める人

自分の仕事に対して、責任感を持ち、成し遂げることができる人。

自分の責任を他人に転換しない人。

 

6)できる方法を考える人

できない理由、言い訳をする人は必要ありません。

どうすればできるのかを考え、行動することができる人。

建設的な考えができないと、ロイドの仕事はできません。

 

7)必要とされる存在になろうとする人

会社から、何を求められているかを理解し、仕事に取り組める人。

仲間からも頼られる、求められるように努力を怠らない人。

 

8)成長し続ける人

今の自分を良しとせず、出来ないことを出来るように努力できる人。

出来ることを増やし、自らの成長に対する努力を怠らない人。

 

以上が、当社の紹介と、当社の求める人物像です。

もしあなたが、上記を読んで「この会社で仕事をしてみたい!」「私を雇うべきだ!」と思って頂けたなら、下記の募集している人材からご応募下さい。

あなたにお会いできることを心より楽しみにしています。

 

現在募集している人材

 

▶︎ディレクター(正社員)

クライアント(パートナー企業)と打ち合わせをし、制作部や開発部とのパイプ役の仕事です。

>>詳しくはこちら

 

▶︎デザイナー(正社員)

サイトの制作を行う仕事。ただし、デザイン以外の仕事もして頂きます。

>>詳しくはこちら

 

▶︎サポートスタッフ(アルバイト)

プロモーションやマーケティング業務などをサポートする仕事です。

>>詳しくはこちら

 

▶︎私を雇った方が良い

上記以外の職種でも、「私を雇った方が良い!」と方がいたら、面白そうなのでお会いします。