この度は、株式会社ロイドのコーポレートサイトをご覧頂きありがとうございます。

株式会社ロイド代表取締役の髙野友生でございます。

 

これまでの10年

 

今から約10年前、当時24歳だった私は、夢と希望だけを握りしめ当社を設立しました。

知人に借りたプレハブの2階で私ひとりで創業しました。

とにかく必死に、営業に走り回り、夜は底冷えする事務所でキーボードを叩く毎日。

この10年を振り返ると思い出したくもない苦悩などもたくさんありました。

しかし、本当にたくさんの方に支えられて今日の株式会社ロイドが存在します。

 

私たちはウェブを主な事業にしておりますが、ウェブ業界はまだまだ歴史の浅い業界です。

スピードが異常に早く、新しい技術は毎年生まれ、これからもそのスピードは加速していくと思います。

そんな業界で、これまで多くの会社が生まれては、消えて行きました。

会社の生存率は、10年でたった6%と言われています。

100社あった会社が10年後にはたった6社しか残っていないのです。

そんな厳しいビジネスの世界の中で、10年間やってこれたことは、私たちの自信にも繋がっております。

最近では、初対面の同業者の方からも、会社をすでに知っていただいていることも増えてきました。

お客様やパートナー企業から信用を、ほんの少しは得られたのではないかと自負しております。

 

ウェブ広告、ウェブ販売、ウェブ集客などを事業として行ってき中で、たくさんのサービスを出し、うまくいったものもあれば多くの失敗したサービスがあります。

試行錯誤を続けることで、多くのお客様にご利用頂けるサービスや商品をいくつか生み出せました。

この10年で培った経験は、私たちの財産であり、自信に繋がっております。

 

これからの10年

 

ロイドを設立して10年が経ちましたが、ひとつの節目でしかありません。

会社の営業に、一息ついている暇はありません。

次は20年、そして30年と続く会社をつくらなければいけません。

 

10周年を過ぎ、当社は新しいこれからを「第二創業期」と呼んでいます。

10年やってきたという経験を糧に、しかし驕ることなく、もう一度ゼロから創り上げる。

会社の成長は人材の成長なくしては不可能です。

私を含め、まだまだ若い人間ばかりの会社ですので、若さを武器にもし、また弱みでもあることを理解しなければいけません。

10年前ほどの若さは残念ながらありませんが(笑)、創業期のようにガムシャラに突っ走ろうと思います。

 

私たちの会社より、後に創業した会社が早々に上場をしたり、新しいサービスをリリースすると、焦る気持ちが生まれることもあります。

しかし、私たちは私たちです。

私たちらしく、地道に頑張っていく他ないと思っております。

私は自身を「凡人努力型」だと思っています。

努力することができない人間は存在しません。凡人でも努力なら無限に出来ます。

努力を継続すること、諦めないこと、途中で逃げないこと、我慢すること。

それであれば凡人の私でも負けない自信があります。

 

マーケティング事業、メディア事業、システム開発(SI)事業。

まだまだ成長でき、開拓する必要がある事業ばかりです。

また、既存事業だけではなく、新しい事業にもどんどん挑戦をしていくつもりです。

私たちの未来には無限の可能性があります。

私たちはこれからも、胸を張って新しい道を切り開いていきたいと思っております。

 

これからも、ひとりでも多くの方にロイドのサービスや商品を提供し、喜んで頂けるよう尽力致します。

これからも何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社ロイド 髙野友生