お客様に必要とされる存在である為に

当社は設立10年のウェブマーケティング企業です。

これまで多くのお客様とお付き合いさせて頂いており、お客様の数は年々増加しております。

多くのウェブ会社、マーケティング会社がある中、なぜ当社をお選び頂けているのか。

それは、真摯に「お客様の利益」を考えているからだと自負しております。

一般的な、ご注文を請け、納品して、完了。

というサービスはほとんどありません。

私たちの提供しているウェブ商材やマーケティングサービスは、納品後が非常に重要であり、納品後が本番です。

どのように活用し、どうビジネスを成長させるのか。

納品されても、その後の活用方法が分からない、不明なところが多い、つくったものの結局活かしきれていない。

そのようなお客様からの相談が非常に多いのです。

 

そこで私たちは、最初に頂く費用を可能な限り低くさせて頂いております。

最初に頂く費用(イニシャルコスト)は、仕入れに必要な原価、またはゼロ(費用発生無し)にするよう努力しています。

そして、納品したサービスから上がった収益から、または成果などから料金をご請求させて頂いております。

なぜそのような方法をとるのか。

それは、我々の提供するサービスは納品後のサポートが非常に重要で、同じ商材でも使い方や活用方法によって得るメリットには大きな差が生じる場合があります。

我々の目的は、サービス納品後にお客様が活用しビジネスを成長させ、売上や利益を拡大することであり、それであれば最初に多額のご請求を行うのではなく、成果に対して報酬を頂く方法であれば『我々の本気度』を感じて頂くこともでき、信用して頂けると思うからです。

 

パートナーとしての責任

納品ではなく、成果から報酬を頂くということは、中長期的にお客様とお付合いをすることになります。

またそれは、お客様が儲からなければ、我々も儲からないことを意味しています。

だからこそ、我々は本気でお客様の立場になり、お客様のビジネスの成長のために尽力をします。

ビジネスパートナーとしてお付合いをさせて頂くことになりますので、無責任なことはご提案しませんし、我々の利益だけを考えたご提案ももちろんしません。

パートナーとして、お客様にも成果を上げて頂かなければ我々も利益が出ませんので、本気で意見させて頂くことになります。

結果を出すためには、双方の強みを出し合わなければいけません。

そのため「ロイドに任せておくから、あとはよろしく」スタンスではお付合いができません。

我々ももちろん尽力しますが、お客様の努力や目標に対する熱意も当然ながら必要です。

お互いが甘え合わないような、熱く強いパートナー関係を築かせて頂きたいと思っております。

 

明瞭な料金を開示しています

ウェブ商材というのは目に見える物品ではないうえに、一般的に「ITは儲かる」という認識を多くの方がもたれていると思います。

ちなみにITが儲かるといわれているのはITを駆使すれば「仕組み化」しやすいからです。仕組み化したビジネスは利益が上がりやすいためです。

我々は、ウェブ商材を多く扱っておりますが、目に見えない商材だからこそ明瞭な料金を開示させて頂いております。

また、我々は技術の販売の他に、戦略提案も販売しております。

技術を販売するだけでなく、その技術をどう活かし、どう売上や利益を上げるかまでご提案させて頂いております。

 

制作/開発案件の費用

サイトの制作や開発案件のご請求は、どのように計算をしているかをご説明させて頂きます。

見積もり方法は、制作/開発等時間 × 技術費用 = お見積もり額 で計算しております。

つまり「時間計算」です。

お見積もり時には、以下のような各項目によって発生する時間を細かく捻出して明瞭に表示しております。

・ヒアリング(打ち合わせ)

・設計

・制作、開発、実装

・デバッグ(動作確認)

・進行管理

そのため、制作や開発が軽いもの(短時間で終わる)であれば安価で、重いもの(長時間を要するもの)であればそれだけ高額になります。

 

実費

実際に弊社が代行して仕入れなければいけないものがあります。

分かりやすいものだと、サーバです。

サーバとは、データを保存する箱のようなもので、ウェブ商材には基本的にサーバが必要不可欠です。

そのサーバは、サーバ会社より仕入れたりレンタルする必要があり、その仕入れ原価は実費となります。

サーバをお客様で準備できない場合などは、弊社が代行で仕入れを行います。

(提携会社より安価で仕入れ可能で、仕入れ原価は公開しております)

その際は、代行手数料が発生します。

 

保守管理費

よくご質問される費用が、この保守管理費です。

サイトの制作や開発を請け負った際、サーバの管理を弊社に委託して頂いた際に発生する費用です。

「何のトラブルもない場合にも費用が発生している」

と思われる方が多いようですが、それは間違いです。

サイトやシステムというのは「正常に動作することが当たり前」ではありません。(ここが重要です)

外部環境の変化や日々進化する技術の中で「何のトラブルもないようにしている」のです。

そして、もちろん何らかのトラブルは起きないとは限りません。

そこでメンテナンスも必要ですし、バージョンアップなどの作業も発生しているのです。

保守管理費用を頂くことによって責任の所在を明確にすることができております。

 

その他費用について

その他に、ご不明な費用がありましたらお気軽にご質問ください。

なぜその費用が発生し、なぜその金額になるのかを明瞭にご説明させていただきます。

不信感を持たれたままではなく、ご納得の上ご契約をして頂きたいと思っております。

 

安易な値引きは一切しません

私たちの販売している技術や戦略は物品ではありません。

時間や技術力、ノウハウによって費用が変動します。

そのため、お見積もり額が他社の方が安くなるケースもあるでしょう。

しかし、弊社では基本的に値引き交渉は受け付けない方針となっております。

その理由は3つあります。

 

技術の自信

ひとつは技術の自信です。

我々の業界では「安かろう悪かろう」が残念ながら多い業界です。

費用は安くても出来上がりが希望のものは違うケース(理由は「その値段ならこれくらいですよ」)、納品後のサポートが一切なく後で高額なサポート費用を請求されるケース、安い個人に頼んで廃業したケースなど様々なケースがあります。

元々他社に依頼をされていたが、不信感や不満があり弊社に再依頼をされるケースは非常に多いです。

我々は、中長期的なパートナーとしてご一緒させて頂くため、不要な値引きはせず「ご希望のものを納品」させて頂いております。

そのため、我々は「技術の安売り」「信頼の安売り」は行わない方針です。

 

値段以上の価値

我々の提示させて頂く料金が安いか高いかの判断は簡単です。

費用以上に、売上や利益が向上、またはコストの削減ができれば「安い買い物」になると思います。

我々はお値段以上の「付加価値」も一緒にご提供できます。

ウェブ商材(サイトやプログラム)の納品だけでなく、運用方法のサポートや収支計算まで視野に入れたご提案をできる会社は本当に少ないと思います。

目先の料金だけで見れば高額でも、売上向上やコスト削減の費用計算も踏まえてご提案させて頂いておりますので「安い」と思って頂ける価値あるものをご提供させて頂きます。

 

パートナーとしての信頼関係

我々は「売って終い」の商売は一切しません。

ウェブというまだまだ新しい業界ではありますが、結局そこにいるのは「人と人」。

ビジネス以前に、人と人の間には、信頼関係が必要だと重んじております。

古典的な考えだと言われるかも知れませんが、互いが互いを思いやり信頼し合える関係の構築が必要だと思っています。

そのため我々の価値を「値段の安さ」で測られるお客様とはパートナーになれません。

値段の安さに価値を見出されるのであれば、選ばれる会社はロイドではないと思います。

 

 

24時間受付中お気軽にお問合せください

お問い合わせはこちら